Allystar TAU1201 GNSSモジュール

Allystar TAU1201 GNSSモジュール

DATAGNSS

  • $5.00
    単価 あたり 
  • 以下の金額をセーブしました。 $10


TAU1201 GNSSモジュール

TAU1201 は、最先端の CYNOSURE III アーキテクチャに基づく高性能デュアル周波数 GNSS 測位モジュールです。GPS、BeiDou、Galileo、GLONASS、NavIC、QZSS、SBAS (WAAS、EGNOS、GAGAN、MSAS) をサポートします。

TAU1201 は、効率的な電力管理アーキテクチャを統合し、高精度、高感度、低消費電力の GNSS ソリューションを提供するため、自動車や民生用電子機器のナビゲーション アプリケーションや車両管理に適しています。

特徴

  • すべての民間GNSSシステムをサポート

  • BDS-3信号をサポート: B2a

  • L1およびL5バンド信号の同時受信

  • サブメートルの位置精度、マルチパス緩和に優れ、都市谷間のノイズを低減

  • スマートな妨害電波の検出と抑制

  • 高度に統合されたモジュール、最高のコスト効率と高精度のソリューション

  • シングルNavICモードをサポート

仕様

パラメータ

仕様

GNSS トラッキング チャネル

40

GNSS受信

GPS/QZSS: L1C/A、L5C

BDS: B1I、B2a

グロナス: G1

ガリレオ: E1、E5a

ナビIC: L5

SBAS: L1 (WAAS、EGNOS、GAGAN、MSAS)

更新レート

最大5Hz

位置精度[1]

GNSS

1分CEP

速度と時間の精度

GNSS

0.1 m/s CEP

1PPS

20ナノ秒

初回修正時間 (TTFF)

ホットスタート

1秒

コールドスタート

32秒

感度

コールドスタート

-148dBm

ホットスタート

-155dBm

再取得

-158dBm

追跡

-162dBm

動作限界

速度

515メートル/秒

高度

18,000メートル

アンテナ監視

アンテナ短絡保護および断線検出

シリアルインターフェース

シリアル

1

USB[2]

1

SPI[2]

1

I2C[2]

1

プロトコル

NMEA 0183 プロトコル バージョン 4.0/4.1

RTCM 3.0/3.2/2.3/2.4倍速[3]

Cynosure GNSS 受信機プロトコル

動作条件

主電圧

2.0~3.6V

デジタルI/O電圧

1.8~3.6V

バックアップ電圧

1.8~3.6V

消費電力

動作モード

GPS/QZSS、L1 バンド: 22 mA @ 3.3V

GNSS、L1+L5 バンド: 41 mA @ 3.3V

スタンバイモード

12μA

動作温度

-40°C ~ +85°C

保管温度

-40°C ~ +85°C

パッケージ

12.2*16.0*2.4 mm 24ピンスタンプホール

認証

RoHS、REACH、FCC、CE-RED

* [1] オープンスカイ、デュアルバンド、優れた外部LNAで実証

* [2] リクエストに応じて特別なファームウェアでサポートされます。

* [3] RTCM 2.3/2.4xはリクエストに応じて特別なファームウェアでサポートされます。

詳細な文書:

TAU1201 データシート [ T-5-2210-TAU1201 データシート]

小さなEVK

このモジュールをテストしたい場合は、次の tiny evk を参照してください。


オススメ商品